にんにく玉ゴールド

にんにく玉ゴールドの副作用について

更新日:

にんにくの副作用

にんにくの副作用
にんにくは中華やイタリア料理に欠かせませんが、健康食品としても優秀。殺菌作用が強く、適度に摂れば胃腸に繁殖する悪玉菌を減らして腸内環境を整えてくれます。

しかし、大量に摂取すると悪玉菌にとどまらず善玉菌も殺してしまい、胃腸の働きが弱まることにつながります。

また生で食べると刺激が強いので、胃壁を傷つけてしまうことも……。

血行促進にも役立ちますが、促進の度がすぎると、めまい、頭痛、眩暈、血が止まらなくなるなど、副作用が現れます。

食べ過ぎるとビタミン生産菌にもダメージを与え、ビタミン欠乏症になる場合もあるので注意が必要。特にビタミンB2は不足しやすく、舌炎、口角炎、皮膚炎などの症状が現れます。

あまりに刺激が強いのでアレルギーを起こす場合もあり、普段からにんにくを扱う製造業者にはアレルギー性皮膚炎の割合が高いといわれています。

これらの点からにんにくは過剰に摂取すべきではなく、1日に生なら1片、火を通したものなら2片から3片が適量とされています(この摂取量は成人のもので、子供の場合はこの半分)。

にんにく玉本舗のにんにく玉ゴールドはにんにくと卵黄を原材料としたサプリメントなので、過剰摂取すると上記のような副作用が起きる可能性があります。

サプリメントも食品とはいえ、1日の摂取量には限度があります。たくさん飲んだからといって必ず効果が上がるというわけではないので、目安とされる摂取量は守るべきでしょう。

にんにく玉ゴールドとセロトニン

にんにく玉ゴールドの口コミを見てみると、「飲み始めてから前よりもよく眠れるようになった」という感想を述べている人が多いようです。

これは恐らくにんにくに多く含まれているセロトニンのせいでしょう。

この成分はいらだたしい気分を穏やかにしたり、精神を安定させる効果を持ち、欠乏するとうつ病や不眠症を発症させたり、パニック障害の原因となることが指摘されています。

にんにく玉ゴールドは、にんにくと卵黄だけを原料とし、古くから製法で作られているので、余計な添加物が入っていません。

その分、他社の製品と比べるとにんにく成分が多いため、セロトニンの効果も大きいのでしょう。

にんにく玉ゴールドのQ&A

Q.1日にいつどれぐらい飲んだらいいの?

1日4粒が目安です。

ただ、胃の弱い人は1日2粒から始め、徐々に増すようにして下さい。

また、飲む時間に決まりはありませんが、食事と一緒に摂ると相乗効果が期待できます。

Q.飲み方のコツなどはありますか?

A.疲れがひどい場合は、いつもより多めに飲み、早めに就寝してたっぷり睡眠をとってください。

にんにくに含まれる成分と睡眠のダブル効果で疲労回復が促進されます。

また、食事と一緒に飲めば、ビタミン、ミネラルなどの栄養素とにんにくの成分が一緒になり、一層のパワーが期待できます。

Q.妊娠中や授乳中に飲んでも大丈夫?

A.問題ありません。むしろ妊娠中や授乳期の女性は積極的に摂取する方がいいくらいです。

各種のビタミン・ミネラルがたっぷり含まれていますし、妊娠中で食欲がない場合などピッタリです。

また、防腐剤やPH調整剤などは未使用なので、安心して摂取できます。

にんにく玉ゴールドの口コミ情報

-にんにく玉ゴールド

Copyright© 『本当に効いた!にんにく玉ゴールドの口コミ・効果まとめ』 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.