未分類

にんにく玉ゴールドは自律神経にいい

更新日:

アリシンの効果

アリシンの効果
人間はストレスや不安が高じてくると中枢神経が不安定な状態におちいります。

そうなると体内からビタミンB1が排出されてしまい、新陳代謝の働きが低下してしまいます。

この状態が続くと不眠症などの障害が起きたり、神経症、下痢気味になるなど、様々な体の不具合が誘発されてしまいます。

これを防いでくれるのがにんにく玉ゴールドに含まれるアリシンという成分です。

このアリシンはビタミンB1との結合でアリチアミンという成分に変わります。

ビタミンB1は先に述べたように、緊張などで中枢神経のバランスが崩れると体の外へと排出されてしまいます。

しかし、アリチアミンに変わると緊張に負けることなく血液中に蓄えられるので、新陳代謝が維持されます。

そのことでストレスにも負けない体質となり、病気なども起きにくくなるわけです。

アリシンの摂取にはにんにく玉ゴールドを

ビタミンB1は炭水化物をエネルギーに変換する時に必須とされる物質です。しかし体の中で蓄積するのが難しく、さらに消化吸収も悪いという欠点がありました。

この問題を解決するのがにんにくに含まれている「アリシン」という物質。ビタミンB1との結合で「アリチアミン」という物質に変わり、体の中にしっかりと留まります。しかも消化吸収率がなんと100%。

アリチアミンにはこのほか体内の環境を整えたり、気持ちを落ち着かせる働きがあります。心身がリラックスすることで夜の眠りが深くなり、翌朝の目覚めもスッキリ。まさに理想的な成分です。

でも、だからといってたくさん食べるのは、口臭の心配もあって大変です。

そこで活用してほしいのが「にんにく玉ゴールド」。

口も臭くならず、にんにくの成分を効果的に摂取できます。

にんにく玉ゴールドと自律神経

自律神経とは、呼吸、血流、消化、代謝など、意思とは無関係に働いている身体機能。自分では制御できません。

正常な状態では、交感神経と副交感神経の2つの神経がその時の体調に合わせて自動的にスイッチを入れ替え、自律神経のバランスを取っています。

もしそのバランスが乱れると、夜になっても脳が興奮状態のままで眠れなくなったり、心臓の動きをコントロール出来ず動悸が治まらなくなったりします。

血液の循環系統との関わりが大きいため、自律神経失調症になるとその影響が体全体に及んでしまうのが厄介な点です。

代表的な症状をあげると、

・何となく体がだるい状態が続く
・胃腸の働きが弱くよく下痢になる
・手足の先がいつでも冷たい
・血色が悪く、のぼせやすい。
・寝付きが悪く、朝もスッキリ起きられない

さらに症状がひどくなると、体の半身だけに突然汗が出て止まらなくなったりします。

これらの症状が何度も慢性的に繰り返えされるので、ついつい自分のことを病弱で虚弱体質だという風に思い込みがちなのです。

でも、実は上に列挙した症状は、にんにくの栄養素を摂取し続けることでその改善を期待できるものばかりなのです。

さすがに根治治療は難しいかもしれませんが、にんにくには自律神経失調症の症状を緩和し、改善のきっかけを作ってくれる成分がたっぷり含まれています。

にんにく玉ゴールドを利用すれば、それらの成分を効率良く摂取できます。

-未分類

Copyright© 『本当に効いた!にんにく玉ゴールドの口コミ・効果まとめ』 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.