にんにく玉ゴールド

にんにく玉ゴールドでパニックに?

投稿日:

にんにく玉ゴールドはパニック障害にも効果的

パニック障害の女性
にんにくは、普段口にする機会の多い食材の中でも、とりわけ体調維持に多くの効能を備えた野菜のひとつでしょう。

その強壮作用、殺菌効果はよく知られていますが、鬱病、自律神経失調症、パニック障害といった精神的な疾病にも効果があるといわれています。

にんにく玉ゴールドはにんにくをそのまま材料としているので、当然それらの効能を受け継いでいます。

ネット上の口コミをチェックすると、特に「パニック障害が改善された」という感想が目立つようです。

パニック障害とは、不安障害のひとつ。その症状には以下のようなものがあります——

・夜中眠れない
・心臓の鼓動が激しくなる
・理由もなく不安感に襲われる
・突然気分が悪くなる
・吐き気が止まらない
・解決のつかないことをウジウジと考えてしまう(予期不安)

これらの症状が出る原因についてはまだはっきり分かっていません。ただ有力な説として、ノルアドレナリンとセロトニンのバランスの乱れが関係しているのでは、といわれています。

このセロトニンというのは、脳に存在する神経伝達物質で、血管の緊張をコントロールする役割があります。さらにドーパミン、ノルアドレナリンといった感情に関わる情報を調節し、精神を安定させてくれます。

パニック障害は不安感が強くなってパニック症状が起こる病気なので、セロトニンを増やせば、不安感を抑える機能が働きます。

そのため現時点での有効な対処療法とされているのは、SSRIという抗うつ剤の投与です。

これはセロトニンを増加する働きがあり、そのことで自律神経を整えてくれます。

しかし、このSSRIは効き目が強いだけに副作用のリスクが高いといわれています。なるだけ摂取の回数を少なくした方が無難でしょう。

ではもっと安全な方法でセロトニンを増加させる方法はないのでしょうか?

実はセロトニンはトリプトファンとビタミンB6の2つの物質により形成されます。つまりこの2つを一緒に摂ることで、セロトニンの不足を補うことができるわけです。

にんにくには、この2つのうち、ビタミンB6が豊富に含まれています。トリプトファンの方は豆類や刺し身に多く含まれているので、それらを含んだ食事とにんにく玉ゴールドを併用すれば、体内でセロトニンが生成されていきます。

もちろんその効き目は緩やかなのですが、副作用の強いSSRIを使うよりははるかに安全性の高い方法です。

また、パニック障害以外の症状にも有効な成分がたくさん含まれているので、長期間摂取していると体調が確実に良くなっていきます。

心身の健康のために、にんにく玉ゴールドはおすすめです。

ビタミンB6について

ビタミンが豊富
ビタミンB6はマグロ・カツオといった魚類にも多く含まれていますが、とりわけ含有量の多いのがにんにくです。

にんにく玉ゴールドがパニック障害に効果をあらわすのも、このビタミンB6が体内でトリプトファンと結びついてセロトニンを生成するから。セロトニンは不安を抑える働きを持ち、パニック障害を改善するといわれています。

ビタミンB6はそのほかに筋肉や血液を作るサポートをしたり、神経伝達物質を生成して体調維持に関与したり、様々な働きを備えています。

とりわけ体内で吸収されたたんぱく質をエネルギーに変える機能は重要で、この働きがないと、いくらスタミナをつけるために肉類などを摂っても体力が出てきません。

日頃たんぱく質の多い食事をしている人は、にんにく玉ゴールドでビタミンB6をしっかり補給しましょう。

-にんにく玉ゴールド

Copyright© 『本当に効いた!にんにく玉ゴールドの口コミ・効果まとめ』 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.