にんにく玉ゴールド

「にんにく玉ゴールド 下痢」の真相

投稿日:

にんにく玉ゴールドならアリシンを効果的に摂取できる

人間はストレスや不安にさらされると、中枢神経のバランスが崩れてしまいます。

そうなると「汗がやたらに出る」「心臓がドキドキする」など、色々な現象が起こるのですが、そのうちのひとつが体内からのビタミンB1の排出。ビタミンB1は炭水化物をエネルギーに変換する時に不可欠な物質で、不足すると新陳代謝の働きがいちじるしく低下してしまいます。ストレスの多い生活が続くと不眠症などの障害が起きるのはこのせいです。

ビタミンB1が不足していると、ほかにも神経症、下痢など、色々な体の不具合が誘発されることになります。

これを防ぐのに有効なのが、アリシンという物質。このアリシンは体内でビタミンB1と結合し、アリチアミンという成分に変化します。

ビタミンB1は上述したように中枢神経が不安定になると体の外へと排出されてしまいますが、アリチアミンに変化すると緊張状態になっても血液中に蓄えられるので、新陳代謝がキープされます。

そのことでストレスに打ち勝つ体質となり、病気にもかかりにくくなるわけです。

アリチアミンにはこのほかにも、体内の環境を整えたり、気持ちを鎮静化する働きがあります。心身がリラックスすれば眠りの質が良くなり、翌朝の目覚めもスッキリ。ストレス対策には理想的な成分といえます。

そんなアリシンはにんにくに多く含まれていますが、口臭の問題もあって、毎日たくさん食べるのは難しいでしょう。

でも「にんにく玉ゴールド」なら、口臭の心配もなく、アリシンを効果的に摂取できます。

「にんにく玉」と「にんにく玉ゴールド」の違いは?

にんにく玉本舗では「にんにく玉」と「にんにく玉ゴールド」の2つを発売していますが、どういう違いがあるのでしょう?

それは配合されている成分。にんにく玉ゴールドには、にんにく玉に含まれていないS-アリルシステインという物質が入っています。

S-アリルシステインは、にんにく固有の「水溶性含硫アミノ酸」。生にんにくを切ったり、すりおろしたり、熟成させることで生じる成分で、熟成の進んだ「黒にんにく」に多く含有されています。

にんにくの成分中、最も薬理効果が期待される物質で、現在でも世界中で研究が行われ、その効果の解明が進められています。

現在分かっているS-アリルシステインの効能・効果は——

・高血圧改善
・がん細胞の抑制
・アルツハイマー予防
・動脈硬化の予防
・心臓疾患の予防
・肝障害の予防
・ナチュラルキラー細胞活性化による免疫力アップ
・コレステロール低下
・冷え性の改善
・動脈硬化の改善
・抗菌作用
・抗酸化作用

といったものです。

このうち、特に最近注目されているのが、アルツハイマーの予防効果。

認知症の原因の一つとして指摘されるのが、神経細胞の衰えです。神経細胞は受け取った情報を次の神経に伝達していくのですが、加齢などによってその力が弱まっていきます。そうなると記憶力も衰え、脳の働き自体も弱体化してくるのです。

つまり、神経細胞の働きを維持できれば、認知症の進行を阻止できるのですが、まだ有効な方法は見つかっていません。ところが、実験の結果、S-アリルシステインがこの神経細胞の維持に役立つことが分かってきたのです。

さらに研究が進むことで、S-アリルシステインを使った認知症治療へつながる可能性もあります。

にんにく玉ゴールドは、このS-アリルシステインを独自の製法で配合。公式サイトで注文すれば、通常価格1,995円(税込)のものが980円(税込)で購入できます。

-にんにく玉ゴールド

Copyright© 『本当に効いた!にんにく玉ゴールドの口コミ・効果まとめ』 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.