にんにく玉ゴールド

にんにく玉ゴールドと胃の関係性

更新日:

注意点

にんにく玉ゴールドを飲む時の注意点

にんにく玉ゴールドの公式サイトには「よくあるご質問」のページが設けられています。

そこには——

「にんにくの含有成分である揮発性イオウ化合物がなるべく蒸散しないように製造していますが、その強力な殺菌作用により、飲み始めの時期に胃が荒れるなどの症状が出る場合があります」

と書かれています。

「にんにくを生で食べて胃が痛くなった」という話はよく聞きますが、やはりにんにく玉ゴールドでもまれにそういうことが起こるようです。

もし胃腸が弱い人で「にんにく玉ゴールドを試してみたい」と思っている方は、空腹時に飲むのを避け、食事と一緒、あるいは食後すぐに摂取するのがいいでしょう。この飲み方ならにんにくの成分が胃を刺激する可能性も少なくなり、成分だけをしっかりと吸収することができます。

また、上記の「よくあるご質問」のページには——

「1日10粒以上はお飲みにならないようにお願いしています」

とも書いてあります。いくらにんにく玉ゴールドの効き目を早く実感したいからといっても、過剰に摂取するのはかえって体を壊すもとになりますので、目安量はキッチリと守るようにしましょう。

製法・材料にこだわったにんにく玉ゴールド

にんにくは古来から滋養強壮剤としてその効果が知られてきた野菜です。文献によると、ピラミッド建造に従事していた農閑期のエジプト人たちも毎日ラディッシュ、タマネギとならんで、にんにくを摂取していたといわれています。

タンパク質、チアミン、リボフラビン、ナイアシン、ナトリウム、カリウム、マグネシウムなど、栄養素も豊富。にんにく玉ゴールドでは材料と製法にこだわって、その多種に渡る成分を活かしています。

にんにく玉ゴールドに使用されている原材料は、にんにくと卵黄のみ。

ネット、実店舗を問わず、市場にはにんにくサプリがあふれていますが、ほとんどはカプセル状のもの。そのカプセル部分に酸化防止剤といった添加物が入っています。

ところが、にんにく玉ゴールドは独自の製法によってにんにくと卵黄だけを練り固めてあるため、余計な添加物を使っていません。

添加物が一切含まれていないせいで1粒あたりの有効成分の含有量もアップ。しかも体内で吸収しやすくなっています。

また、使用しているにんにくと卵黄は、どちらも九州産のもの。「にんにく卵黄」の発祥の地です。

にんにくは、福岡県八女産の「嘉定種にんにく」。にんにくの特徴的な成分といわれる「アリシン」が、他の種よりも多く含まれています。

さらに卵黄は福岡県産の地玉で、栄養たっぷりです。

ビタミンB6の働きとは?

にんにく玉ゴールドは、ビタミンB6が大量に含まれているため、パニック障害の改善に効果を期待できるといわれています。

ビタミンB6は体内でトリプトファンという物質と結びついてセロトニンを生成。このセロトニンは不安を抑える効果があるため、パニック障害の改善に効き目をあらわすのです。

そのほかにも、ビタミンB6には——

・筋肉や血液生成のサポートをする
・神経伝達物質を生成して体調を維持する
・体内に取り込まれたたんぱく質をエネルギーに変える

などの働きがあります。

にんにく玉ゴールドを飲んで、ビタミンB6をしっかり補給しましょう。

-にんにく玉ゴールド

Copyright© 『本当に効いた!にんにく玉ゴールドの口コミ・効果まとめ』 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.